上手に選択する|誰でも使えるようになった便利な賃貸管理システム
男性

誰でも使えるようになった便利な賃貸管理システム

上手に選択する

レディ

賃貸管理を行なう不動産会社の業務内容には種類があります。この種類をおさえておくことでより適した賃貸管理会社と付き合うことができます。その種類について確認していきましょう。
一つ目のパターンは、仲介専門の賃貸管理会社です。この会社は入居者を募集し、入居者と契約する部分の業務を行ないます。こういった形態の場合は、複数の会社へ入居者募集を行なうことが可能です。複数の会社へ依頼するということは各会社とのコミュニケーションの難易度がそれだけ上がることになりますが、多くの会社に入居者募集を依頼することでより空室を減らすことに繋がるといえます。
二つ目のパターンは、入居者の募集を複数の会社へ依頼するのではなく、ひとつの賃貸管理会社だけに任せるという方法です。この手法は専任媒介と呼び、賃貸管理会社との連携がより厚いものになります。信頼関係が深いという点はサービスの向上に繋がります。賃貸管理上の様々な問題も手厚いサポートで解決へと導いてくれることでしょう。一方で、入居者募集の業務は一社だけが行なうことになるため、このタイプの契約は部屋個数が少ない賃貸を管理する際に効果を発揮するといえます。
上記のパターンは入居者の募集を管理会社に任せ、入居者管理はオーナーが行なうような内容ですが、一方で、入居者管理を管理会社に任せるパターンも存在します。集金管理専任媒介という契約がそれにあたります。この契約方法は賃貸管理をほとんど委託することができるため、オーナーは複雑な作業を要求されないという利点があります。契約に関する種類と管理する賃貸のタイプを考慮して上手に契約したいところではないでしょうか。