マンション管理士について|誰でも使えるようになった便利な賃貸管理システム
男性

誰でも使えるようになった便利な賃貸管理システム

マンション管理士について

模型を持つ人

マンション管理士とは国家資格の一つであり、マンション管理に関する法律に基づき制定されたものです。現在では多くのマンション管理会社がこのマンション管理士を抱え、業務の専門性をより強固にしています。オーナーとしても、契約を考えるマンション管理会社に国家資格の取得者が在籍していれば心強いのではないでしょうか。気になるマンション管理士の概要について見ていきましょう。
現在、マンションの総数は500万を超えるといわれています。そして、その全てが手放しで住めるマンションであるかというと、そういうわけではありません。全マンションのおよそ4分の1が築20年を超過しているといわれています。マンションというものは、築30年を超過すると大規模な修繕が必要になるといわれています。マンション管理会社はその修繕に力を注がねばなりません。そうした時に必要とされるのが、マンション管理士というわけです。
マンション管理士は、主にコンサルタントの業務を行なっています。管理組合と契約を結ぶことで運営のサポートをするのです。また、マンション管理会社に支払う費用や業務内容の見直しを行なったり、規約の見直しを行なっています。高い専門性をもって業務にあたるのがマンション管理士なのです。
住民間の様々な問題を解決してくれるのもマンション管理士の仕事です。また、独立を考えるマンション管理士もいるようです。マンション管理をお考えの場合は、管理会社にこのマンション管理士の存在があるかどうか、確認してみるのも良いかも知れません。